次世代省エネルギー基準
(じせだいえねるぎーきじゅん)

1999年、建設省(現 国土交通省)から住宅のエネルギー使用の合理化を強化することを目的に基準が改正され、新たに打ち出された。断熱性が強化され、冷暖房に使用するエネルギー消費量を20%低減するのが目的とさている。その他、開口部の断熱・気密化、日射侵入防止、換気設計などが定められ、住宅の省エネ性能を高めながら、快適に暮らすことを目的としている。

参考文献:『長く住める快適な自然観各住宅』 編者 講談社

Copyright(C) 2002 Tottori Mokuzou-kyou. All rights reserved.